派遣社員インタビュー

出来る事が増える喜び

原 桃子MOMOKO HARA

派遣で働く人の声

事務職未経験からスキルアップできるフォロー体制

私は、「事務職未経験でも安心」というキーワードに惹かれてKDDIエボルバ(旧エボルバビジネスサポート)に入社しました。
入社してみると、その言葉通り入社前の研修カリキュラムがあったり、仕事に就いてからもOAスキルのスクールに行かせていただいたり、分からないところは就業中に教えていただけたりとしっかりとしたフォロー体制がありました。
おかげで、未経験で始めた事務の仕事にも安心して向き合いスキルアップすることができたのだと思います。

職場に馴染めるか不安もあったが、
優しい先輩のおかげですぐに溶け込むことができた

仕事に就く前はデスクワーク自体が初めてだったので環境に馴染めるかの不安もありました。
しかし、先輩方のほうから気軽に声をかけていただいたり、お昼ごはんに誘っていただいたり、私が職場に馴染めるよう配慮があり、職場環境にもすぐに溶け込むことができました。業務のことも一から教えてもらい、今では楽しくお仕事ができています。

優先順位をつけ、一つ一つ確実に対応することが大事

業務が立て込んできた際などは、優先順位を考えながら行うようにしています。
前職では一日の流れを細かいところまで事前に決めたうえで行動していたので、基本的にはその流れに沿って行っていましたが、
立て続けに案件が入ったり定型業務とは別な対応が入ったりと業務が煩雑することがある為、しっかり順序だてて一つ一つ処理していくことが大事だと思いました。また電話でのやり取りも多くあるので、失礼のない言葉遣いも心掛けています。

定期的な面談で、就業環境や体調など話すことができる

前職ではPCをほとんど使用しない業務でしたので、OAスキルの不安を担当営業に相談したところ、「少しずつスキルアップができるポジションで仕事をしてみよう」と言ってもらえ、安心して仕事に就くことができました。今ではスキルが上がり、出来ることが増えることが喜びになっています。
就業後も定期的に所属長と面談のお時間を頂いており、その際に就業環境や働きやすさなどを気遣って頂いております。

社内の様々な人を手助けできるときにやりがいを感じる

私の業務では、社内各部署との連携を取りながら、その時々で柔軟な対応が求められています。
例えば、私たちが各部署と派遣会社の間に立ち、求人票には記載のない、求める人物像など現場の本音を聞き出すこともあります。
また派遣スタッフの方々のご要望に合わせて部署担当者の対応や回答を催促することで、的確な人材を、より短いリードタイムで採用までつなげる手助けにやりがいを感じています。

休日の過ごし方

休日は友人と趣味の映画鑑賞を楽しんだり、長期で休みを頂いた際には全国各地の温泉巡りをしたり、アクティビティを楽しんだりしています。
前職では持ち帰り仕事が多くあった為休日も休めないことが多くありましたが、今ではオンとオフをしっかり分けられるのでメリハリがつき、プライベートも充実できています。

休日の過ごし方のイメージ

他のインタビューを見る

Interview 派遣で働く人の声

Topへ戻る Topへ戻る