派遣社員インタビュー

責任者まで
任せて頂けるように

大野 真由美MAYUMI OHNO

派遣で働く人の声

大手メーカーの受付、人材育成、シフト作成

7か所の受付と3ヵ所の給湯を日々の来客状況・繁忙時間に合わせたシフトを作成しています。
総合受付や役員受付等着席ポストにより業務内容が異なる為、全体のバランスや個人のスキルを鑑みながら、研修を行っています。
受付に着席しているとき以外にも移動の際など、思わぬ所でお客様からお声掛けされる事も多々ありますので、常に見られている意識を持ち笑顔を絶やさないでいるように心がけながら働いています。

就業当時の懸念が嘘のよう

仕事に就いた頃は、受付という職種から年齢の事や同じ職場で長く続けていけるのか不安はありました。
しかし、シフト作成の効率化、新人教育、中間層の人材育成などのスキルアップをさせて頂いて、責任者まで任せて頂けるようになりました。はじめの懸念が嘘のように、長期にわたりお仕事を続けることが出来ています。

KDDIエボルバ(旧エボルバビジネスサポート)には、
個々に寄り添えるフォロー体制がある

担当営業の方が頻繁にいらして、組織変更や社内人事など必要な情報を教えてくださるので風通しの良い印象です。
現在の勤務先は正社員・契約社員と勤務形態が異なる為、提出書類等の事務手続きをはじめ、抱えている悩みも異なります。
しかし、それぞれの悩みに対する細やかな対応など、個々に寄り添ったフォロー体制のおかげで不安を感じることもありません。

仕事に行き詰まりネガティブな発言

仕事に行き詰まりネガティブな発言をした時に、担当営業の方に「言葉は言霊と言って口に出したらその通りになるから思っている事をそのまま発言するものではない」と教えて下さり、気持ちを前向きに切り替えられるように優しく導いて頂きました。

トラブルが起こっても混乱せずスムーズな問題解決

受付では様々なトラブルが発生します。その際にはトラブルに対応しつつ、通常業務も支障なく行わなければいけません。
例えば、来訪者からのクレームが発生した際などは、現場に向かいお客様を受付カウンターとは違う場所へ誘導し、2次対応の担当者へ速やかに情報を伝え引き継ぎます。その一方で、受付スタッフが不足し他のお客様に迷惑がかからないよう、増員するなどの調整も行います。また、7ヵ所ある受付間での情報共有も、受付全体が混乱しないために重要です。
日頃から気の抜けない仕事ですが、道を尋ねられ短いやり取りだけでご案内したお客様が、数ヶ月後に訪れお声をかけていただけることなどもあります。そのようなときは、自分の対応を覚えていてくださったのだと、大変嬉しい気持ちになります。

休日の過ごし方

自宅周辺に大きな公園がありますので、休日の朝はウォーキングをしています。季節の移り変わりを目と肌で感じ、リフレッシュするようにしています。長期休暇は温泉に行く事が多いですが、ローカル線やバスを使い、訪れた地域の雰囲気も楽しむようにしています。

休日の過ごし方のイメージ

他のインタビューを見る

Interview 派遣で働く人の声

Topへ戻る Topへ戻る